自毛植毛について

【経験者が率直に語る】植毛して感じた6つのデメリットを徹底解説

投稿日:

植毛すれば長年悩み続けた薄毛の悩みから開放される一方で、植毛することにもデメリット存在ます。

植毛を実際にしたときに、心理的ハードル、料金(費用)、毛髪が復活するまでのネックなど負の面があったのも事実です。

そこで今回は、植毛をした経験を踏まえて、実際に感じたメリット・デメリットを徹底解説していきます。

植毛しようか悩んでいる人は是非参考にしてみてください。

植毛するメリット

  • 薄毛に関する悩みが和らぐ
  • 周りの人の視線が気にならなくなる
  • ヘアスタイルを楽しめる
  • AGA治療よりも健康的。飲み薬がいらない
  • 自分に自信が持てる。前向きになれる
  • 一歩踏み出せた自分に達成感を感じる

まずは植毛する場合のメリットを簡単に書いてみます。

メリットには物理的な満足感と、心理的なストレスからの開放の2つがあります。まずはシンプルに髪の毛が生えてくるので、髪型を楽しめる、憧れの髪型にチャレンジできるなど、今まで諦めていたことに挑戦できる満足感が得れます。

また同時に、心理面では毎日悩んでいる大きな問題が、自分の人生の中からスッと無くなるというメリットがあります。髪の毛が生えるよいう喜びよりも、実はこちらの悩みが無くなることに対しての安心や開放感の方が大きいのも薄毛ならではの特徴かもしれません。

髪の毛の悩みを持っている人にとって、毛髪の悩みが取り除かれたら毎日すごく楽しくなりますよね。僕も物理的な喜びはもちろんですが、心理的な不安やストレスが取れたことで毎日が楽しくなったし、出会いやイベントへのお出かけも積極的になりました。

たとえば今までは強風の日や湿気でジメッとする日は外出したくなかったし、海やプール、アクティビティーなども遠慮しがちでした。なぜなら、髪の毛が濡れて頭皮が透けるのが怖かったらかです。ところが今では何も気にせずに楽しめるようになります。男女一緒に遊びに行く旅行なども、今では積極的に参加できるなど、人生の楽しみ方が変わりました。

シンプルにすごく幸福な時間が増えたのは言うまではありません!

なので、メリットについてはみなさんが思い描いているような日常やライフスタイルが手に入るという点に尽きるので、そこは割愛します!

 

植毛するデメリット

  • 植毛したことがバレるのが気になる
  • AGA治療と違って手術が必要
  • 費用がかかる
  • 術後1週間くらいは体調がイマイチ
  • 刈り上げた場合には髪型など調整する必要がある
  • 植毛した毛が生え揃うまでに半年から10ヶ月は我慢

植毛したことがバレる可能性やカミングアウトする必要がある

個人的に一番大きかったのは、植毛したことがバレる、植毛をカミングアウトするという心理的ハードルでした。

これは薄毛の程度にもよりますが、植毛したことはバレる可能性が高いです。とくに薄毛が進行している場合には、髪の毛がなくなっている部分から髪の毛が生えてくるので当然バレます(笑)

新しい人生を手に入れるために、この試練を乗り越えられるかというのは、現実的な問題です。

もちろん軽度の薄毛や初期症状であれば100%バレないまま植毛をすることは可能です。僕の場合はほぼ100%バレないようにできましたが、このブログでカミングアウトしているように、身近な人には打ち明けてしまいました。ただし植毛したあとの術後報告でしたが。やっぱり一人で秘密を抱えているのは辛かった・・・。(w)

ただし植毛する人の中には絶対に人には言えないケースもあります。たとえば名前が知られている芸能関係の人や、それなりの地位がある人、もしくは学校の先生などです。

もしくは普通の人でもほとんどの秘密裏に植毛をしたいという人が多いと思います。現在の植毛技術は優れているので、絶対にバレたくないという人でも植毛することは可能です。家族や身内にもバレたくない。奥さんや旦那さんにバレたくないという人の方が多いのも事実です。

僕が相談にのった主婦さんも、旦那さんには絶対にバレたくないという希望を持っていて、実際にバレないまま植毛に成功したケースなどもあります。

どうしてもバレたくない、どうしてもカミングアウトできないという人には、そのような植毛方法もご提案できるので、気軽に相談してもらえればと思います。

長くなりましたが、人に言うことに抵抗がある、絶対にばれずに植毛したいという心理的ハードルがデメリットの一つでした。

AGA治療と違い、簡易な植毛手術が必要

AGA治療では処方される飲み薬を毎日飲み続けるだけで良いので、周囲に知られずに済むし、治療自体がとてもシンプルです。

薄毛対策は知り合いにバレたくないという人が多いと思うので、AGA治療の手軽さは最大のメリットとも言えます。

一方で植毛の場合は、手術が必要なので、物理的な成約がいくつかあります。手術は当日できて日帰りなので入院するなどはありませんが、術後はしばらく頭皮が赤くなるし、1週間程度は安静に過ごす必要があったり、激しい運動は控えないといけません。

傷口などは残らないし、さほど日常生活には影響がないものの、AGA治療に比べるとちょっと大変というのが正直な部分です。

植毛にはお金・費用が掛かる

植毛する場合には、最低でも100万くらいの費用を覚悟する必要があります。どのクリニックも少しでも安くできるという印象を与えようと工夫していますが、実際にいくつものクリニックで相談した結果、確実に100万前後はするなということが分かりました。

もちろん植毛する範囲、つまりグラフト数(株数)によって植毛の料金は変わってくるので、一概にいくらとは言えませんが、最低限効果があると言われる1000株くらいでも1000万円ほどの出費はかかります。

僕の場合は毎日1~2時間悩んでいる時間があったので、それを年間換算した場合の損失を考えました。たとえば時給1000円だとして、毎日2時間悩んでいるとしたら2000円。それを365日あるとしたら年間で73万円分の時間を悩んでいると考えました。

それを5年も6年もかけていたので、それだけで300~400万円分も損失している計算になります。実際に出かけようと思ったのに、髪の毛のセットがうまく行かずやめたり、気分が落ちて仕事ができなかったという経済損失があったので、この考えはあながち間違っていないと思います。

なので費用よりも、悩んでいることによる損失の方が大きいというのが、薄毛の悩みを持つ人の共通する部分ではないでしょうか。

植毛する場合の費用も、現金前払いだけでなく、信販会社によるローンやクレジットカード払いなどもできます。毎月数万円ずつの返済も可能なので、その辺りはクリニックでも気軽に相談できるも知っておくとよいですね!

もちろんできる限り安くやる方法もあるので、それはこちらの記事で詳しく解説していますので、よかったら参考にしてみてください。

関連記事:できるだけ安く植毛をする方法。最安のクリニックも合わせて紹介

なお、植毛は費用がかかりますが、AGA治療をしていても毎月3000~5000円程度、使う人によっては1万~2万円程度投入している人が多いと思います。ただAGA治療は効果が少ない割には高額な費用がずっと出て続けるコスト構造になっているので、個人的にはAGA治療を続けていくという人の場合は植毛の方が結果的に効果も大きく、安く済ませられるというのが持論です。

この辺りはこちらの記事で書いているので、ぜひ参考にしてみてください。多くの人が見落としがちな点を徹底解説しています。

関連記事:植毛って本当に高いの?AGA治療のカラクリから植毛のコスパ高いを解説

術後1週間くらいは体調がイマイチ

個人差はありますが術後一週間程度は体調不良が起こる可能性があります。

まずは植えた頭皮部分が2~3日は痛い、そしてドナー採取した後頭部も2~3日はヒリヒリとした感覚が残ります。植毛クリニックでは痛み止めや抗生物質が処方されるので、それを飲むことで痛みは抑えられますが、ちょっとぼーっとする感覚や、頭に張りなどを感じるという人は多いです。

かといって、一日中寝てるという症状ではなく、あくまでちょっとダルさを感じるとか、違和感が残るという程度です。

人によっては全く何も感じないという人もいますが、やはり自分の細胞とはいえ、頭皮に異物を移植するわけなので、身体も緊張してしまうのも無理がありません。

僕の経験でいえば、術後2~3日は頭部に張りがあり、顔が少しむくんでいました。そして4~5日目では徐々に和らいで、一週間後には完全に体調も元通りという感じでした。ただし仕事は手術の翌日からやっていたりと、日常生活ができなくなるようなことはありませんでした。

術後の経過などを詳しく知りたいというかたはこちらも参考にしてみてください。

関連記事:

ドナー採取の方法によっては髪の毛を刈り上げる

植毛する髪の毛は、後頭部から採取する必要があります。その際に髪の毛を刈り上げてドナー採取する方法と、髪の毛を刈り上げずにドナー採取の2種類から選択できます。もしも必要を安くしたい場合には刈り上げる方法をおすすめしますが、その分、術後はヘアスタイルをケアする必要があります。もともと薄毛を気にしていて、丸坊主や短髪になっている場合は良いですが、髪が伸びている場合だと、後頭部だけ剃り上げてしまうので、術後にヘアスタイルの変更をする必要があります。

僕は植毛必要を抑えるために刈り上げを選びましたが、今はヘアスタイル的にもツーブロックやマッシュルームスタイルが流行っていたので、なんとなくそういう髪型にしてもらいました。

ただ髪の毛を刈り上げないでも植毛はできるので、刈り上げが嫌な人は、そちらを選ぶのがおすすめです!そっちの方法で植毛すれば全くバレずに行うことができます!

髪の毛が生えるまで半年から10ヶ月は我慢

最後は髪の毛の再生するまでの時間です。これは植毛の宿命とも言えますが、植えた髪の毛は生え揃うまで6~10ヶ月程度必要と言われています。早い人で半年程度とも言われますが、平均的には10ヶ月、期待値としては1年くらいで考えておくのが良いでしょう。

それまでの間はじっくり我慢して、月日が経つのを待つしかありません。僕も早く時間が過ぎないかなと待ちわびておりました笑

 

まとめ:デメリットもあるが、植毛するのは絶対におすすめ

植毛に関するメリット・デメリットを包み隠さずに書いてみました。

紆余曲折しながらも植毛を選択したわけですが、結果から言うと植毛できたことは本当に良かったです。

ただそのためには、いくつかの難題というか、心理ハードルや金銭的ハードルもあるので、それを乗り越える必要があるのも事実です。それはしっかりと受けてもらうべき問題なので、それを踏まえて前に進んでもらえたら嬉しいです。

とくに植毛に挑戦するまでの道のりでは、心理的なハードルが大きく、何度も思いとどまりました。

ただ僕の場合は毎日鏡を見る度に落ち込む気分になったり、散髪する度に辛くなる自分に嫌気がさし、「エイヤーッ」って気合を入れてすぐに予約を入れてしまえたことが良かったです。

もちろん出費は大きいし、植毛した場合に周りにバレるのも嫌だとか、植毛した直後に彼女や家族にバレるのもやだなとか色々と考えたのも事実です。

でも、一つ一つクリアしていけば、植毛ができて、毎日前向きに、髪型を考えるのも楽しくなったという結果が待ち受けていました。

そして何より家族や友人、恋人に打ち明けたときにも、みんなとても応援してくれたことが嬉しかったです。実は本人が悩んでつらそうにしている方が、周りの人も気を遣って苦しいわけです。

そんな感じで、結論としては絶対に植毛を考えている人には、植毛をするのをオススメします。

今なら僕がおすすめするアスク井上クリニックでは無料診断してくれる上に、特別なキャンペーンをしています。ぜひチェックしてみてください。

 

 

-自毛植毛について

Copyright© 植毛看護師プニ子による無料相談室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.