自毛植毛について

植毛2000株・2000グラフトはどのくらいの効果がある?面積や費用など解説

更新日:

今回は2000グラフト・2000株の植毛についての情報を細かくまとめてみました。実際のケースを見ながらどのくらいの面積に植毛できるか、ボリュームや料金など気になる部分を説明していきます。1000株か2000株で悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。

2000株・2000グラフトって髪の毛何本??

よく勘違いしてしまうポイントですが、2000株・2000グラフト=2000本の髪の毛ではありません。日本人の平均は1つのグラフトに2本程度がセットになって生えています。植毛する際にはこの1セットをそのまま植毛していくので、2000株の植毛でおよそ4000~5000本ほどの髪の毛を増やすことになります。

1株(グラフト)のイメージ

髪の毛は頭皮に対して一本ずつ生えているのではなく、2~3本を1セットとして植毛していきます。この1セットを1株または1グラフトと呼びます。2000グラフトを本数に換算するとおよそ4000~5000本程度と考えてください。

2000株・2000グラフ植毛はどのくらいの面積?

薄毛が進行する前は1㎠あたりの頭皮に120〜240本の髪が生えています。場所によって多少変わりますが、1センチ四方の面積にそれだけの髪の毛が生えています。

4~5000本くらい生えている面積で計算すると、だいたい20~25㎠くらいの広さになる計算です。ただ植毛の場合だと、1㎠あたり約80本~150本まで植えることができるので、仮に1㎠あたり約80本の髪の毛として、だいたい24センチ〜50センチ㎠の広さに植えれる計算になります。分かりやすくたとえると大人の両手くらいのサイズになります。

1000グラフとの場合だと、一箇所に植えるのですべて使ってしまいますが、2000グラフトほどあると、気になる部分を数カ所植毛したり、または薄くなっている部分を広範囲に植えるなどの選択肢が持てます。

2000株・2000グラフト植毛の効果はどのくらい?

M字ハゲ・おでこがかなり後退してても対応

2000グラフト植毛だと生え際をおそよ4~8センチ増やす事ができます。1~1,5センチおでこが後退するとかなり薄毛げ進行したような感覚になりますので、、2~4センチ植毛ができると生え際の形成はかなり綺麗な状態になります。

M字ハゲなら初期〜中期症状まで対応出来る!

頭頂部の広い範囲での薄毛を植毛できる

頭頂部の場合は手のひらくらいの大きさを植毛することができます。また生え際やおでこから頭頂部にかけての少し大きめの面積の場合は、どの程度の薄毛によるかで異なりますが、2000株・2000グラフとだと少し物足りなさを感じます。のちほど実際にどの程度の効果があるのか見て行きましょう。

生え際+小サイズのつむじ禿げを植毛できる

2000グラフトくらいの量があると広い範囲に渡っての植毛も可能です。

たとえば生え際に1000グラフと、つむじから頭頂部周辺にかけて1000グラフなど広範囲に植毛することもできるので、気になる部分をしっかり植える部分と、少し気になってきた部分など今後の予防として植える部分に分けることなどもできます。

また広い範囲に渡って薄毛が気になるという人には、まんべんなく植えれる2000株がオススメです。

 

【実例】クリニックが公開している実際の2000株植毛をチェック

実際にクリニックが公開している植毛の実例を見ていきましょう。今回は2000株前後の症例をみながらどの程度薄毛が改善されたのか検証していきます。様々なパターンがありますので参考にしてみましょう。

2000株・21000グラフト植毛の症例(M字/生え際)

2000株・2000グラフト植毛の症例(M字/生え際〜頭頂部)

2000グラフトだと初期のM字ハゲを対応出来ます。左右に禿げ上がった部分が2センチ~3センチ程度なら、覆い隠すのには1000株程度で十分可能です。

2000株・2000グラフト植毛の症例(頭頂部)

こちらの写真は薄毛の範囲が大きかったために2000株だと若干物足りなさを感じます。頭頂部の薄毛の部分が大きい倍にはもう少し多めの1500~2000株くらいにする方が密度が高く頭皮が見えない程度になります。

関連記事:【完全版】植毛1000株・1000グラフトの面積やボリューム感のまとめ

2000株・2000グラフトやるデメリットは?

2000グラフトの植毛をする場合のデメリットは、後頭部のドナー採取の量が多くなるので、手術の時間が長くなる、またはドナー採取の範囲を広めに取る必要がある点です。たとえば刈り上げるタイプでの植毛を選んだ場合、耳の上辺りまで刈り上げる必要が出てきます。費用を気にしなくても良いという人の場合は、刈り上げない植毛ができるので、2000株を行うデメリットはないでしょう。

関連記事:【経験者が率直に語る】植毛して感じた6つのデメリットを徹底解説

1000株より2000株の方がメリットが多い

1株あたりの費用が安くなる

個人的には1000株よりも2000株の植毛をオススメします。理由としては、2000株やってしまうほうがコスパが良く、効果も得やすいからです。1000株やる場合でも、2000株やる場合でも、基本治療費が20万程度かかります。いわゆる手付け金みたいなものなのですが、株数に関係なく金額は一律なので、多いグラフト数を行ってしまう方が、1株あたりのコストが安くなる計算です。

一度に気になる部分を同時にやってしまう

薄毛が進行している場合、一つの場所だけでなく、数カ所気になっているという人の方が圧倒的に多いです。

僕の場合は生え際の後退が悩みの種でしたが、実は頭頂部にかけて前頭部全体のボリューム不足も気になりはじめていました。またつむじのあたりも少しずつ地肌が見えていたので、このあたりも同時にやってしまうことにしました。

一度にやることで植毛の費用は多少上がってしまうのですが、植毛手術が一度で済むし、どうせなら生え際だけでなく、全体を改善できたら生えてきたときの効果も大きいし、しばらく薄毛の悩みを考えなくてよいというメリットが明確に分かりました。

1000株やるよりも2000株やった方が当然ながら効果は2倍ですが、だからといって料金が2倍になるわけではないので僕は2000株くらいやるのが、植毛では一番コスパがよいと感じています。

 

2000株・2000グラフトの料金は?

2000株のグラフト料金は各社で違います。おおよその目安としては、140万~200万程度となります。

この料金の差はグラフトの種類などによっても異なり、1グラフと700円から1200円ほどと多少幅があるからです。

詳しくは各植毛クリニックにお問い合わせしてみましょう!

クリニック名 1株あたりの料金
TOMクリニック 600円
アスク井上クリニック 835円
湘南美容クリニック
835円
アイランドタワークリニック 880円
親和クリニック新宿 1400円

2000株植毛・2000グラフト植毛のまとめ

2000株の植毛では、かなり広範囲での効果が期待できます。かなり後退してしまった生え際でも対応ができるので、M字ハゲが5~8センチくらい後退している場合でも、しっかり生え際まで髪の毛を戻すことができます。

またつむじ周辺が広範囲に渡って薄くなってしまった場合や、生え際から頭頂部にかけて薄めになっている場合にも2000株なら十分に対応できます。

薄毛レベルでいえば、中級レベルの薄毛までは2000株植毛するだけでかなりの効果が得られます。ただしその分費用も150万~200万程度は考えておく必要があります。

2000グラフとの場合は、量がかなり増えてくるので、全体的にしっかりと植えていく技術が求められます。とくに植毛の生え際を植毛していく場合には、技術の完成度が求められるので、技術が高いアスク井上クリニックがおすすめです。

2000株の植毛でも圧倒的な知見と実績があり、業界内でも評判のクリニックです!

>> アスク井上クリニックの詳細はこちら

関連記事:【永久保存版】植毛の効果や仕組みを徹底解説。自毛植毛をオススメする理由

関連記事:【実録完全版】植毛2000株の経過 (生え際1000株)の経過を365日のレビュー

関連記事:【画像あり】植毛の失敗事例20選でわかる失敗する原因とその解決策

関連記事:【2021年版】アスク井上クリニックの植毛は?評価・口コミ・料金を徹底解説

-自毛植毛について

Copyright© 植毛看護師プニ子による無料相談室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.